カジノ

統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が参議院で可決され、日本の公営カジノがいよいよ現実味を帯びてきました。

そこで今回は日本の公営カジノはいつどこにできるのか、その候補地の場所とカジノの種類、年齢制限についてまとめてみました。

スポンサーリンク


カジノはどこにできるのか

公営のカジノが初めて日本にできるということですが、まず一番に気になるのがどこにカジノができるのかということですよね。

カジノの設置区域についてはカジノを建設したい地方公共団体が国に申請し、国から認定を受ければカジノの施設を建設することができます。

まだ正式にカジノ建設の候補地を申請している地域はありませんが、現時点でカジノのができる有力な候補地の場所を一覧で紹介したいと思います。

カジノ候補地の場所①:大阪(夢洲)

カジノが建設される有力な候補地の1つとして大阪の夢洲が挙げられます。

夢洲はもともと大阪オリンピックを開催するためにつくられた人工的な島ですが、誘致に失敗してしまい現在はただの広大な空き地となっています。

これだけ広い土地が有効的に使われていないのはもったいないですよね。
人工の島というだけであって他の地域から離れていて周辺環境に影響を与えにくいのもメリットであると思います。

また政府としてはカジノ以外にも周辺にホテルやショッピング施設、大型リゾート施設も併設して複合的なアミューズメント施設を構想しているので夢洲はその点でもぴったりではないかと思います。

夢洲のカジノ施設イメージ図

夢洲 カジノ

カジノ候補地の場所②:横浜(山下ふ頭地区)

カジノ建設の候補地として有力なのが横浜の山下ふ頭地区です。

こちらのも大阪の夢洲のようにカジノ以外に商業エリアや大型ホテルを併設した大規模リゾート計画案があります。

2020年の東京オリンピック開催までにカジノが建設できれば、東京オリンピックの観戦に来た外国人の方にもカジノで遊んでもらえるというメリットがあります。

山下ふ頭地区のカジノイメージ図

カジノ 横浜

スポンサーリンク


カジノはいつできるのか

統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が可決となって一体カジノの施設はいつにできるのでしょうか?

今回の統合型リゾート施設(IR)整備推進法案はあくまで推進する法案であって詳細な内容は決まっていません。
これから1年以内にIR実施法が制定されてやっと建設候補地の選定、環境アセスメントなど調査、業者の選定などが行われます。

政府としてはカジノ施設の建設だけでなく、ホテルやレストランなどの様々な複合施設を構想しているので建物を立てるだけでも数年はかかってしまうと思います。

2020年の東京オリンピックに合わせるのがベストだと思いますが、この年には間に合わず2025年ごろに日本初のカジノができるのではないかと思います。

カジノの種類

日本にカジノの施設ができたらどのようなカジノで遊べるのでしょうか?
ここでは日本の公営のカジノでできるであるとカジノの種類を紹介したいと思います。

ブラックジャック(BLACK JACK)

ブラックジャック

ブラックジャックはカジノで遊ばない方も聞いたことがあるのではないでしょうか。
プレイヤーがディーラーと手持ちのカードが21になるように競うゲームです。

ルールはそこまで複雑ではないためカジノ初心者の方でも遊ぶことができます。

バカラ

バカラ

バカラは数字を9に近づけるゲームですが、ブラックジャックのようにプレイヤーとディーラーが競うゲームではありません。
ある一定のルールによって架空のAとBどちらが勝つかを予想するゲームなのでトランプに触らなくても遊ぶことができます。

ルーレット(Roulette)

ルーレット

ルーレットもカジノのイメージとして思い浮かべる方も多いと思います。
ルーレットはディーラーが投げ入れたボールがどこに落ちるかを予想するだけなので、こちらもカジノが初めての方でも遊びやすいと思います。

カジノの年齢制限

日本にできる公営のカジノには年齢制限があるのでしょうか?
世界にあるカジノの年齢制限を調べてみると…

・ラスベガス→21歳以上

・マカオ→21歳以上

・韓国→19歳以上

・オーストラリア→18歳以上

と各国によって年齢制限は異なっていました。

日本で初めてのカジノということで各国の年齢制限を参考にするとは思うのですが、それぞれ年齢制限は一律ではないので日本の場合は成人とみなされる20歳以上からカジノで遊べるようになるのではないかと思います。

カジノはいつ日本のどこにできる、候補地の場所と種類や年齢まとめ

今回はカジノはいつ日本のどこにできるのか、候補地の場所と種類や年齢についてまとめてみました。日本にカジノができれば海外から日本に訪れる方も増えるかもしれないですし、新たなエンターテイメント施設として盛り上がればいいなと思います。

スポンサーリンク


コメントをどうぞ

CAPTCHA