福岡 博多 陥没

福岡県の博多駅前で大きな陥没が起こりました。
今回はこの陥没の原因と被害は?交通規制と規制解除の時期についてまとめてみました。

スポンサーリンク


福岡市博多駅前での陥没状況

初めて福岡市博多での陥没が起きた時間は2016年11月8日の午前5時15分頃です。

福岡市博多駅前で陥没が起きた時の動画

陥没の大きさは長さ約30m、幅約27m、深さ約15mです。
周りの地盤も壊れやすくなっているので陥没の大きさは広がる可能性があります。

目の前にある信号が陥没した穴に吸い込まれていくように落ちていくのが衝撃的です。
地中に埋まっていた上下水道管のようなものがあらわになっていますね。

福岡市博多駅前の陥没現在のライブ中継動画

ここでは現在の陥没が起きた福岡市博多駅前のライブ中継を動画で見ることできます。

ライブ中継は終了しました。

陥没の大きさがどれほど大きいかがよくわかりますね。
陥没を復旧させるために工事の方が頑張って頂いていますが、また陥没が起きないとも限らないので慎重に作業を進めていただきたいと思います。

福岡市博多駅前陥没の詳細な場所

今回陥没が起きた場所ははかた駅前通りと末広通りが交わる「博多駅前二丁目交差点」付近です。

陥没が起きた周りには博多駅前ビジネスセンター、デュークスホテル博多、伊予銀行 福岡支店などがあります。

デュークスホテル博多には従業員の方や宿泊されている方もいらっしゃったと思いますので陥没が起きた時は不安で一杯だったと思います。

福岡市博多駅前での陥没被害

今回の福岡市博多での陥没被害状況はどうなっているのでしょうか?

福岡市博多駅前での陥没の被害者

70代の女性が現場周辺の停電に驚いたときに転倒し、打撲してしまったそうです。

博多駅前といえば日中は人通りが多いところなので、たくさんの怪我人がでなかったことは不幸中の幸いですね。

福岡銀行のシステム障害

福岡市博多での陥没によって福岡銀行のシステムに障害がでています。

この福岡銀行のシステムに障害により入金・支払振り込みなどの取引ができない状態なので、福岡銀行を使っている方は注意していください。

スポンサーリンク


福岡市博多駅前の陥没による停電

福岡市博多での陥没によって周囲の施設に停電が起こっています。

博多駅の新幹線側にある筑紫口は停電しているようです。

博多駅にあるお土産屋さんも停電により営業に支障がでているみたいですね。
陥没が起きた周辺で最大800戸が停電し、午前8時半時点で福岡空港国際ターミナル、JR博多駅の一部が停電しています。

福岡市博多駅前の陥没によるガス漏れ

今回の福岡の博多駅前陥没によるガス漏れの危険性について調べてみました。

福岡 博多 ガス漏れ

すると西部ガスでは安全を確保するために博多駅周辺の19戸においてガスの供給を中止していることがわかりました。
大きなガス漏れはなさそうでひとまず安心ですが、引き続き最新のガス漏れ情報はこちらで更新していきます。

福岡の博多駅前の陥没の原因

どうしてこのような陥没が起きてしまったのでしょうか?原因について調べてみました。

するとこの陥没が起きる前に市地下鉄七隈線の延伸工事が行われていることがわかりました。
陥没が起きた周辺で掘削機で掘っていたところ上から水が漏れだし一旦工事は中止。
博多署に要請して周辺を交通規制したところ約5分後に陥没が起きたそうです。

現場の迅速な判断によって怪我人など被害は最小限に抑えられたのは素晴らしいですね。

七隈線の延伸工事の施工業者は?

今回の陥没を引き起こしてしまった施工業者はどこであったのでしょうか?
福岡市のサイトを探してみると工事請負契約の締結について(福岡市地下鉄七隈線博多駅(仮称)工区建設工事)の報告書がありました。

福岡 博多 施工業者

この報告書によると陥没した場所の工事を担当した施工業者は大成・佐藤・森本・三軌・西光建設5社ということがわかりました。

今回の陥没をうけて周辺の商業施設、交通に大きな打撃を与えてしまっているので施工業者に対して賠償請求が行われる可能性があります。

過去にも陥没が起きたことがある?

的確な判断で福岡の博多駅の陥没事故による怪我人は最小限に抑えられたのですが、実は工事による陥没は過去に複数回起きていたとこがわかりました。

まずは2000年の6月に起きた幅約5m、長さ約10m、深さ約8メートルの陥没事故。
これは現在は供用済みですが、七隈線の工事の最中に福岡市中央区薬院3丁目で起きました。

そして2014年10月27日には同じく七隈線の延伸工事をしている際、今回起きた博多駅前の陥没から約400m西の福岡市博多区祇園町で幅・長さ・深さのいずれも約3m車道が陥没する事故が起こりました。

福岡市の地盤が陥没しやすいのか、工事を施工する業者が問題なのか現在の所不明ですが安全第一で工事は進めていただきたいと思います。

福岡の博多駅前の陥没による交通規制

今回の福岡の博多駅前の陥没によって交通規制はどうなっているのでしょうか?

午前7時半時点では博多口交差点から博多区役所南口交差点の区間で、全面通行止めとなっています。

追加情報①!!
詳細な交通規制の最新情報が入りました!

福岡 博多 交通規制

11月08日14時05分時点で
福岡市博多区交通センター前~福岡市博多区博多駅前3丁目の上り、福岡市博多区博多駅(博多口)~福岡市博多区交通センター前の下りで車線規制が行われています。
車を運転される方はこの辺りは通行止めになっているので注意しましょう!

追加情報②!!
福岡警察からも交通規制について発表がありました。

福岡 博多 交通規制

2016年11月8日時点で陥没が起きた博多駅前2丁目周辺、博多駅前通りは通行禁止となっています。博多駅周辺に寄る予定がある方は気を付けましょう。

福岡の博多駅前陥没によるバスの運行状況

今回の福岡の博多駅前陥没によってバスの運行状況に影響がでています。

福岡 博多 バス運行

・6番、6-1番 博多駅ゆき

・46番、46-1番 天神、博多埠頭ゆき、井尻六ツ角、雑餉隈営業所ゆき

上記の系統は博多駅~キャナルシティ間は迂回しての運行となります。

「駅前三丁目」バス停においては陥没により復旧するまでは利用することができないので注意して下さい。

福岡の博多駅前の陥没による避難勧告

また陥没による影響で避難勧告も発令しています。

福岡 博多 避難勧告

避難勧告場所

・博多駅前2丁目3番12号,14号
・博多駅前2丁目3番7号、9号
・博多駅前2丁目5番5号、7号
・博多駅前3丁目25番21号
・博多駅前3丁目25番24号
・博多駅前3丁目26番1号、29号

追加情報!!
11月15日時点で避難勧告が更新されました。

博多 避難勧告

博多駅前2丁目5番5号、7号と博多駅前3丁目26番1号は避難勧告がでているので注意して下さい。

開設避難場所

堅粕公民館,東住吉公民館

となっています。

陥没した周辺は非常な危険な地域となっていますので、気になるかもしれませんが近づかないようにしましょう。

福岡の博多駅前の通行止め解除はいつ?

今回の博多(福岡)の陥没によって周辺は通行止めになっているのですが、いつ通行止めは解除されるのでしょうか?
現在のところ規制解除の時期については情報はありません。

動画で見てもらったとおり信号機や歩道の一部も陥没しているので復旧には時間がかかると思います。

こちらについてはまた情報が入り次第更新したいと思います。

追加情報!!
福岡市長の高島宗一郎氏のブログにより交通規制解除の情報が入りました。

福岡 博多 交通規制

陥没は今週の日曜日(11月13日)には埋まる予定です。
順調に陥没修復工事が進めば月曜日の夜(11月14日)にも全面的に通行解除になる予定です。
陥没によって落ちてしまった信号についても月曜日には立つ予定です。

工事の修復作業が早すぎるという懸念がありますが、交通規制の解除には専門家に道路の確認をしてからになるので安全性は大丈夫そうです。

私が思っていたよりも陥没の修復が早く進んだので驚きました。
2次災害だけは起きないように陥没の修復を進めていただきたいですね。

追加情報!!
高島宗一郎氏のブログが更新され、交通規制について情報が入ってきました。

博多 交通規制

11月15日の午前5時に交通規制が解除され通行することが可能になりました。
14日は博多に雨が降っていたため工事が少し遅くなったようです。

しかし短期間で陥没を埋めることができたのは素晴らしいですね。
ただし今回の陥没の修復工事は仮復旧の段階です。

下水道などの管はゴムやプラスチックなどを使って工事の期間を短縮しているので。後日道路を掘り返し、本格的な下水管に交換する予定です。

福岡の博多駅前の陥没の原因と被害・交通規制と通行止め解除の時期まとめ

今回は>博多(福岡)の陥没の原因と被害・交通規制と通行止め解除の時期についてまとめました。
怪我人が少なかったことは幸いでしたが、周辺には商業施設が密集しているところなのでこれから影響がでてくと思います。

また新しい情報が入りましたら更新したいと思います。

スポンサーリンク


コメントをどうぞ

CAPTCHA