くのいち2017

2009年以来放送されていなかった女版サスケのくのいちが、ついに2017年に復活することがわかりました。

そこで今回はくのいち2017・女版サスケの出場者一覧、ステージと結果についてまとめてみました。

スポンサーリンク


くのいち(女版サスケ)とは

くのいちは一言で言えば女性版のサスケです。

サスケ自体も女性が参加されることはあったのですが、くのいちの出場者は全て女性となっています。

くのいちのルールはサスケと同じで行く手を阻む障害物を乗り越え、時間内に各ステージをクリアすると完全制覇となります。

時間制限以外にも、途中で落下して池に落ちたり、コースアウトになると失格になってしまうので、高い身体能力が求められます。

くのいち2017の出場者

久しぶりの放送となる今回のくのいち2017ですが、どのような方がくのいち2017に出場されるのでしょうか?

ここではくのいち2017の出演者を一覧にして紹介したいと思います。

くのいち2017の出場者一覧

・黒木 優子(ボクシング)

・今野 杏南(グラビアアイドル)

・藤原 佳穂里(社交ダンス)

・荒川 結(幼稚園教諭)

・MYW(ブレイクダンス)

・渡辺 けあき(ボウリング)

・堀江 銀河(鍼灸師)

・星川 有菜(スポーツショップ店員)

・川北 彩加(カラオケ店バイト)

・六角 彩子(野球)

・二村 春香(SKE48)

・才木 玲佳(筋肉アイドル)

・いとう まゆ(「おかあさんといっしょ」4代目ダンスのおねえさん)

・岡戸 日向葵(エアリアルパフォーマー)

・竹元 景子(経済産業省)

・高橋 ユウ(ファッションモデル)

・田岡 なつみ(サーフィン)

・澤山 璃奈(フィギュアスケーター)

・鈴木 千代(ビーチバレー)

・上田 亜樹(サーフィン)

・片岡 安祐美(野球)

・佐藤 望(東洋大学 陸上部)

・岡部 紗季子(元体操選手)

・赤井 沙希(プロレスラー/モデル)

・岸 明日香(グラビアアイドル)

・きゃさりん先生(あやまんJAPANユース)

・城向 麻矢(パフォーマー)

・西谷 綾子(タレント)

・加藤 えりか(造園業)

・鴨志田 麻衣(タッチラグビー 日本代表候補)

・馬原 美穂(元モトクロス)

・坂井 絢香(ポールダンス)

・加藤 優(野球)

・山地 まり(タレント)

・Narumi(アクロバットパフォーマー)

・朝比奈 彩(モデル)

・渡邊 美香(主婦)

・亀井 麻未(チアリーダー)

・稲村 亜美(神スイング)

・泉 ひかり(パルクール)

・渡辺 華奈(柔道)

・陳 竹音(スタントウーマン)

・大嶋 あやの(日本女子体育大学)

・青山 あみ(タレント)

・RENA(シュートボクシング)

・川端 友紀(野球)

・坪井 保菜美(元新体操選手)

・水野 裕子(元祖筋肉アイドル)


以上48名の方がくのいち2017に出場されます。

どの方もくのいち2017の完全制覇を達成しそうな方ばかりなのですが、特に注目・有力出場者を独自で何人かあげてみたいと思います。

くのいち2017の注目・有力出場者

水野 裕子

過去のくのいち・サスケに何回も出場したことがあります。
残念ながらくのいちの完全制覇はしたことはありませんが、総合成績で1位をとったことがある実力者です。

今回のくのいち2017でも好成績をたたきだすのではないかと思います。

渡邊 美香

渡邊 美香さんもくのいち・サスケに出場したことがある方です。
水野 裕子さんのライバルとして多くの好成績を残しています。

7年ぶりのくのいち2017の出場となりますが、期待できる出場者の1人だと思います。

片岡 安祐美

野球の茨城ゴールデンゴールズの選手としてまたテレビタレントとして活躍されている方です。
長年野球を続けてきた身体能力の高さは疑う余地はありません。

くのいち2017ではその身体能力の高さを生かして障害物を乗り越えていくでしょう。

才木 玲佳

趣味は筋トレという才木玲佳さんは格闘家としても活躍する筋肉アイドルです。
くのいちのステージには力を必要とする場面もあるので、そのようなステージは才木玲佳さんにとっては有利になるのではないでしょうか。

二村 春香

SKE48のアイドルグループに所属する二村 春香さんはサスケにも出場したことのあります。
サスケに出場した時は残念ながらすぐに水に落ちてしまいましたが、サスケに出場したという経験はくのいち2017に生かせると思います。

赤井沙希

元プロボクサーの赤井英和さんの娘である赤井沙希さんは、現在プロレスラーとして活躍されています。

プロレスラーは精神はもちろんのこと肉体も相当鍛えていると思うので、くのいち2017でも好成績をおさめると思います。

上田 亜樹

上田 亜樹さんはチアチームの東北ゴールデンエンジェルスに12年間所属していた方です。
柔軟性や脚力などが求められるチアリーダーを長年やっていた上田 亜樹さんなら跳躍が求められるステージで活躍されると思います。

稲村 亜美

トヨタのCMでみせた神スイングで注目集めた稲村 亜美は子供ころに野球に熱心に取り組んでいました。

現在でも最高球速105kmのボールを投げることができることから、身体能力が高いのは言うまでもありません。

くのいち2017でもその身体能力でステージをクリアするのではないかと思います。

泉 ひかり

泉 ひかりさんはパルクールで活躍されている方です。
パルクールでは建物や塀を乗り越えたり、ビルからビルへ飛びうつったりとくのいちをクリアするには必要な技をもっているので有力な出場選手の1人になると思います。

くのいち2017のステージ・コース

ここではくのいち2017のステージ・コースを紹介します。
今回行われるくのいち2017はRED・BLUE・FINALと3つのステージに分かれています。

REDステージ

ローリングヒル

ローリングヒル ステージ

パイプホールド

パイプホールド ステージ

フィッシュボーン

フィッシュボーン ステージ

エックスブリッジ

エックスブリッジ ステージ

ジャンプハング

エックスブリッジ ステージ

そり立つ壁

そり立つ壁 ステージ

キャノンボール

キャノンボール ステージ

BLUEステージ

スライドウォーク

スライドウォーク コース

スパイダーウォーク

スパイダーウォーク コース

スラントエッジ

スラントエッジ コース

リバースコンベア

リバースコンベア コース

スポンジブリッジ

スポンジブリッジ コース

クリフハンガー

クリフハンガー コース

ウェーバーブリッジ

ウェーバーブリッジ コース

FINALステージ

左右はしご8m

左右はしご8m ステージ

網のぼり7m

網のぼり7m ステージ



どのステージの障害物も乗り越えるのが難しそうなものばかりですね。
各ステージには制限時間が設定してあるので時間切れになってしまう出場者もたくさんでてしまいそうです。

くのいち2017の結果

ここでは今回行われたくのいち2017の結果についてまとめています。
現時点ではまだくのいち2017の結果がでていないので、くのいち2017が放送され次第こちらでお伝えしようと思います。

追加情報!!
ついにくのいち2017が放送されました!
それではくのいち2017の結果についてまとめてみたいと思います。

まず最初のステージであるREDステージでは、新しい障害物として登場したフィッシュボーンによって多くの出場者が行く手を阻まれました。

約50名の出場者の中でREDステージをクリアしたのは泉ひかりさん、陳竹音さん、大嶋あやのさん、渡辺華奈さん、川端友紀さんの5人だけです。


BLUEステージではサスケの伝統的な障害物であるスパイダーウォーク、リバースコンベア、クリフハンガー、スポンジブリッジで苦しめられた感じですね。

これらの障害物の中でもスポンジブリッジは特に乗り越えるのが難しく、BLUEステージに挑戦した5人中4人がここで脱落してしまいました。

唯一BLUEステージをクリアすることができたのが、今回のくのいち2017が初出場となる泉ひかりさんです。



最後のステージとなるFINALステージは左右はしご8mと網のぼり7mと障害物は少ないのですがその分制限時間も短いです。

ファイナリストとなった泉ひかりさんは果敢にFINALステージに挑みますが、網のぼりであと約2mゴールというところで失格となってしまいました。

パルクールで活躍されている泉ひかりさんですが、綱のぼりは難関だったようです。

もしくのいちが来年開催されたときは泉ひかりさんに再挑戦していただき、完全制覇を成し遂げて欲しいです。

くのいち2017・女版サスケの出場者一覧!ステージと結果まとめ

今回はくのいち2017・女版サスケの出場者一覧、ステージと結果についてまとめてみました。
くのいちが久しぶりに放送されるということで、今から非常にワクワクしています。

くのいち2017に出場される方は、ぜひ完全制覇を目指して頑張って頂きたいです!

スポンサーリンク


コメントをどうぞ

CAPTCHA