今回で10回目を迎えるマンガ大賞2017がついに今年も開催されます。

以前までは娯楽の1つとしてしかみられなかったマンガですが、最近ではJapanExpoなどの海外のイベントでも紹介されるほど人気があるコンテンツとなっています。

今回はこの注目のマンガ大賞2017の発表はいつなのか、順位の結果と1位の作品について予想していきたいと思います。

スポンサーリンク


マンガ大賞とは

マンガ大賞は面白いマンガをぜひみんなに読んでほしい!という強い思いから始まりました。
私もいくつかマンガを読んでいますが、自分が面白いと思った作品は確かに友達にも読んでもらいたいと思うことがあります。

栄誉あるマンガ大賞を選ぶ選考委員はマンガ好きな有志によって構成されていています。
この選考委員会は大賞を獲ることによって利害関係がでてしまうマンガ家や編集者などの関係者除いているので、公正にマンガ大賞の作品は選考されています。

マンガ大賞の選考方法ですが
まず一次選考で、各選考員が「人にぜひ薦めたいと思う作品を5作品」を選出して候補の作品を絞り込みます。
次の二次選考ではその候補作品に対して改めて薦めたい作品に投票を行い、得票数10位までの作品がノミネートされます。

最終的にはマンガ大賞の選考委員がその全てのマンガを読み、トップ3と大賞が決定します!

めでたくマンガ大賞に輝いた作品はその後アニメ化や実写映画化されることも多く、さらに注目を集めるのは間違いありません!

歴代のマンガ大賞一覧

【2008年】 『岳』作者:石塚真一

【2009年】 『ちはやふる』作者:末次由紀

【2010年】 『テルマエ・ロマエ』作者:ヤマザキマリ

【2011年】 『3月のライオン』作者:羽海野チカ

【2012年】 『銀の匙 Silver Spoon』作者: 荒川弘

【2013年】 『海街diary』作者:吉田秋生

【2014年】 『乙嫁語り』作者:森薫

【2015年】 『かくかくしかじか』作者:東村アキコ

【2016年】 『ゴールデンカムイ』作者:野田サトル

マンガ大賞2017ノミネート作品のあらすじと作者

ここでは今回マンガ大賞2017でノミネートされた作品のあらすじと作者について紹介したいと思います。

『アオアシ』作者:小林有吾・上野直彦

【あらすじ】
愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人。

粗削りながら、強烈なサッカーの才能を秘めているアシトだったが、
まっすぐすぎる性格が災いして、大きな挫折を経験することに―――

そんなアシトの前に、東京にある強豪Jクラブ「東京シティ・エスペリオン」のユースチーム監督・福田達也が現れる。

アシトの無限の可能性を見抜いた福田は、東京で開催される自チームのセレクションを受けるよう勧めて!?

将来、日本のサッカーに革命を起こすことになる少年の運命は、ここから急速に回り始める!!

『からかい上手の高木さん』作者:山本崇一朗

【あらすじ】
いっつもオレをからかってくる隣の席の高木さん。
だけど見ていろ、今日こそは必ず高木さんをからかって 恥ずかしがらせてやる!!

照れたら負けの全力青春バトル!

『金の国 水の国』作者:岩本ナオ

【あらすじ】
昔々、隣り合う仲の悪い国がありました。

毎日毎日、つまらないことでいがみ合い、
とうとう犬のうんこの片づけの件で戦争になってしまい
慌てて仲裁に入った神様は2つの国の族長に言いました。

A国は国で一番美しい娘をB国に嫁にやり
B国は国で一番賢い若者をA国に婿にやりなさい―――

そんな中、A国の姫・サーラはB国の青年と偶然出会い…!?

『空挺ドラゴンズ』作者:桑原太矩

【あらすじ】

喰いてえ龍(ドラゴン)!

龍を追って、世界の空を往く捕龍船『クィン・ザザ号』。
大物を捕まえれば一獲千金、獲りたての肉も食べ放題。
でも、失敗したらもちろんお陀仏。

空と龍に魅せられた乗組員たちの大冒険の旅&世界グルメ紀行!

『ゴールデンゴールド』作者:堀尾省太

【あらすじ】
現れたのは、福の神!? 島に降るのは、金か、血か——。

早坂はやさか琉花るか 、中学2年生。
他人の心の機微に聡く、内地の中学に上手くなじめなかった彼女は、両親のもとを離れ、祖母の住む瀬戸内の島で暮らしている。

海で拾った「福の神」らしき置物に、琉花が願掛けをすると、置物そっくりな謎の異形が現れ!?

『ダンジョン飯』作者:九井 諒子

【あらすじ】
待ってろドラゴン、ステーキにしてやる!

九井諒子、初の長編連載。待望の単行本化!
ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、
金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。
再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。
そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう! 」
スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!!
襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、
ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

『東京タラレバ娘』作者:東村アキコ

【あらすじ】
「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった」
脚本家の倫子(33歳)は、恋も仕事もうまくいかず、同じくアラサ―独身女子の香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々。
「キレイになったらもっといい男が現れる!」
「好きになれればケッコンできる!」
そんな話しばかりしていると、突然、金髪イケメン男子(年下)に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまい…。

スポンサーリンク


『波よ聞いてくれ』作者:沙村広明

【あらすじ】
舞台は北海道サッポロ。主人公の鼓田ミナレは酒場で知り合ったラジオ局員にグチまじりに失恋トークを披露する。
すると翌日、録音されていたトークがラジオの生放送で流されてしまった。

激高したミナレはラジオ局に突撃するも、ディレクターの口車に乗せられアドリブで自身の恋愛観を叫ぶハメに。
この縁でラジオ業界から勧誘されるミナレを中心に、個性あふれる面々の人生が激しく動き出す。

まさに、波よ聞いてくれ、なのだ!

『ハイスコアガール』作者:押切蓮介

【あらすじ】
『ポリゴン』って何? 食えんの? そんな2D全盛期だった古き良き格ゲーブーム到来の1991年。
ヤンキーとオタクとリーマンが蔓延る場末のゲーセンに、彼女は凜と座していた──。

『響〜小説家になる方法〜』作者:柳本光晴

【あらすじ】
ギクシャクは創造の母!!

とある文芸編集部の新人賞宛に送りつけられた、直筆の投稿原稿。
編集部員の花井は、応募条件を満たさず、
ゴミ箱に捨てられていたその原稿を偶然見つける。

封を開けると、これまで出会ったことのない
革新的な内容の小説であった。
作者の名は、鮎喰響。連絡先は書いていない・・・

『ファイアパンチ』作者:藤本タツキ

【あらすじ】
『氷の魔女』によって世界は雪と飢餓と狂気に覆われ、凍えた民は炎を求めた──。
再生能力の祝福を持つ少年アグニと妹のルナ、身寄りのない兄妹を待ち受ける非情な運命とは…!?

衝戟のダークファンタジー、開幕!!

『約束のネバーランド』作者:白井カイウ・出水ぽすか

【あらすじ】
母と慕う彼女は親ではない。
共に暮らす彼らは兄弟ではない。
ここグレイス=フィールドハウスは小さな孤児院。
至って平穏なこのハウスでささやかながらも幸せな毎日を
送る三人の主人公エマ、ノーマン、レイ。

しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた・・・
子供達を待つ数奇な運命とは・・・!?

『私の少年』作者:高野ひと深

【あらすじ】
多和田聡子は会社の帰路、夜の公園で美しい少年と出会った。
それぞれの孤独を抱える二人は互いを必要なものと感じて――。

30歳OLと12歳小学生。この感情は母性? それとも――。

以上がマンガ大賞2017年のノミネート作品とあらすじの一覧となります。
ジャンルは様々ですが、どの作品も興味深いものばかりですね。

今回のマンガ大賞ノミネート作品の発表で初めて知った作品もありますが、一度手にとって見てみたいと思います。

マンガ大賞2017の発表はいつ

マンガ大賞2017にノミネートされたどのマンガもとても面白そうですね。
ここで気になるのがマンガ大賞2017で1位を勝ちとった作品はいつ発表されるのかということですよね。

マンガ大賞の公式サイトを確認してみると

マンガ大賞 発表

2017年3月28日(火)に発表されることがわかりました。

マンガ大賞が発表される会場はニッポン放送イマジンスタジオなのですが、毎年メディアまた関係者のみの招待となっているので残念ながら一般の方は入場できないようです。

マンガ大賞2017の順位の結果と1位予想

さてマンガ大賞2017の発表まであと僅かとなりましたが、一体どの作品がマンガ大賞2017を受賞するのでしょうか。

現時点ではまだ2017年のマンガ大賞は発表されてはいないので、このブログの独自視点でマンガ大賞2017を受賞する作品を予想したいと思います!

このブログでのマンガ大賞2017を受賞すると予想する作品は…

からかい上手の高木さん

です。

この作品がマンガ大賞2017に選ばれると予想した理由ですが
基本的に1話完結で読みやすく、テンポよく読むことができるからです。

話の流れの基本は最後に西片くんがからかわれて終わりというパターンなのですが、2人のやりとりががほのぼのとしていてつい引き込まれてしまいます。

そして『からかい上手の高木さん』のように読んでいてついニヤニヤしてしまう作品は今までにあまりなかったのではないかと思います。

コミックのほうはすでに累計100万部を超えたということですが、幅広い人気の高さが伺えます。

マンガ大賞2017の発表はいつ、順位の結果と1位の作品予想まとめ

今回はマンガ大賞2017の発表はいつなのか、順位の結果と1位の作品予想についてまとめてみました。
こういった機会をとおして色々な作品を知ることができるのはいいですね。

マンガ大賞2017のノミネート作品や大賞になった作品については一度読んでみたいと思います!

スポンサーリンク


コメントをどうぞ

CAPTCHA