牡牛座南流星群

今年ももうすぐ牡牛座南・北流星群が見られる時期になってきました。
牡牛座南・北流星群を見ながら恋人同士語り合うのもロマンチックでいいですね。

そこで今回は牡牛座南・北流星群016の方角とピークの時間帯、ライブカメラ中継と当日の天気情報についてまとめてみました。

スポンサーリンク


牡牛座南・北流星群とは?

牡牛座流星群は10月上旬から11月終わりにかけて牡牛座付近から流星が飛び交う流星群のことをいいます。

流れる数は1時間に数個程度でそこまで多くはありませんが、速度がゆっくりなので火球と呼ばれる明るい流星が出現することもあるそうです。

牡牛座流星群の放射点は北群南群があり、ピークを迎える日や時間は異なっています。

※【放射点】流星群に属する流星が放射状に飛び出してくるように見える、天球上の1点のこと。輻射点ともいう。地球上から流星群を見るとこの放射点から放射状に流星が飛び出してくるように見えるが実際は流星同士の経路は平行。

牡牛座南・北流星群2016の方角とピークの日・時間帯

ここでは牡牛座南・北流星群2016の方角とピークの時間帯についてまとめています。
まず牡牛座南・北流星群2016の見える方角についですがよく見えるのは東の空です。

そして上記で説明したように牡牛座流星群には南群と北群と2つの放射点がありますのでピークの日が異なります。

牡牛座南流星群の出現ピーク日:11月6日(日)

牡牛座北流星群の出現ピーク日:11月13日(日)

時間帯についてですが牡牛座南流星群の日は月が細く、午後10時頃には月が沈むため比較的暗いため一晩中観測できると予測されます。
特に午前0時頃の時間帯は好条件で牡牛座南流星群が見えると思います。

牡牛座北流星群についてはピーク日の11月13日が月齢13とほぼ満月なのでピークの日でも流星群が見づらい可能性があります。

スポンサーリンク


牡牛座南・北流星群2016の天気は?

牡牛座南流星群のピーク日である11月6日の夜は北海道太平洋側〜東北北部や西日本は高気圧に覆われる予定なのでよく晴れて牡牛座南流星群を見るのに絶好の天気になると予測されます。

その一方で東北南部・関東甲信・北陸・山陰では雲が多くなる予定なので雲の間から牡牛座南流星群を見るようにしましょう。
牡牛座南流星群が見やすい晴れるエリアの方は放射冷却の影響で気温が下がりやすいので服を着こむなど寒さ対策は万全にしておきましょう。

牡牛北流星群のピーク日である11月13日の天気予想はまだ変わる可能性があるので後日更新したいと思います。

牡牛座南・北流星群2016のライブカメラ中継情報

外は寒いし家から出たくないなという方のためにネットで牡牛座南流星群のライブ中継を見る方法をここで紹介します。

YouTube Liveで牡牛座南流星群を見る

ウェザーニュースの提供で11月6日(日)23時~25時に牡牛座南流星群を国内3ヵ所からライブ中継される予定です。

YouTube Liveによるライブ中継なのでお金はかからず無料で見ることができます。

11月6日(日)23時になったら上の動画で牡牛座南流星群を観測してみましょう!

牡牛座北流星群のライブ中継情報はまだないので情報が入り次第更新したいと思います。

牡牛座南・北流星群2016の方角とピークの時間帯。ライブカメラまとめ

今回は牡牛座南・北流星群2016の方角とピークの時間帯、ライブカメラ中継にについてまとめました。

テレビではよく流星群の特集をやっていたのですが、実際自分の目で流星群を見たことがないのでちょうど日曜日に出現ピークを迎える牡牛座南流星群を見てみようと思います。

スポンサーリンク


コメントをどうぞ

CAPTCHA