2019台風3号の進路予想と横浜に上陸する時間は何時?名前と平均雨量予測も調査

太平洋で発生した熱帯低気圧がついに台風3号になりました!

これをうけてSNSでは

と元号が令和に変わっての台風ということで話題になっています。

すでに雨がたくさん降っている地域が多くありますが、2019台風3号の進路予想と横浜に上陸する時間は何時なのでしょうか?

台風の名前と平均雨量予測も調査してみました。

2019台風3号の進路予想

2019台風3号は一体どのように動いていくのでしょうか?
台風3号の進路予想をみました。

気象庁の2019台風3号進路予想

まずは気象庁による2019台風3号の進路予想です。

2019台風3号 進路予想

6月28日3時に愛知、静岡あたりをとおり、そのまま関東方面に進むようですね。

28日の15時には日本を抜けて、太平洋まで進むようです。

ウェザーニュースの2019台風3号進路予想

ウェザーニュースではリアルタイムで2019台風3号進路予想を伝えてくれます!

最新の2019台風3号の進路予想を知りたい人は、こちらのウェザーニュースの進路予想を見ることをお勧めします!

2019台風3号が横浜に上陸する時間は何時?

気象庁の2019台風3号の進路予想で見ていただいたとおり、台風3号は28日の朝方関東方面にいる可能性が高いです。

もしかしたら、通勤・通学時間に2019台風3号が直撃しそうな感じがします。

関東地方でも横浜に2019台風3号が上陸する時間は何時なのでしょうか?

残念ながら先ほど台風3号になったばかりで、横浜に上陸する時間は予測できていません。

ただ、台風によって公共機関に影響がでる可能性は非常に高いです。

余裕をもって2019台風3号に備えるといいと思います。

更新情報!

ウェザーニュースから2019台風3号の雨風のピークについての情報が発表されました。

横浜 台風3号 上陸

これを見ると関東は6月28日の3時以降には強風域に入ることがわかります。

なので、6月28日の3時頃には横浜あたりに2019台風3号が上陸している恐れがあります。

2019台風3号の名前

台風は番号とともに各国が出し合った固有の名前が付けられます。

前回の台風2号はウーティップ(マカオで蝶の意味)でしたが、2019台風3号はどういう名前が付けられるのでしょうか?

気になったので台風の名前はどうやって決まるのか調べてみると、次に付けられる台風の名前は順番で決まっていることがわかりました。

なのでウーティップの次はどのような名前なのかみてみると

台風の名前

次の台風の名前はセーパット(マレーシアで淡水魚の名前)ということがわかりました。

なので2019台風3号の名前は、セーパットです。

2019台風3号の平均雨量予測

台風はその風の強さも脅威ですが、雨の多さも非常に危険です。
しかも現在は梅雨前線もあるので、多くの雨が降ることが予想されます。

2019年台風3号の平均雨量予測はどうなっているのでしょか?

こちらはウェザーニュースで調べてみると

台風3号 雨量

  • 九州南部
  • 四国南部
  • 静岡県

150㎜以上の大雨が降ることが予測されていました。

山沿いなどは土砂崩れが起きやすくなっているので、特に注意しておきましょう。

まとめ

今回は2019台風3号の進路予想と横浜に上陸する時間は何時なのか、名前と平均雨量予測も調査してみました。

台風が来ることは毎年のことですが、日本全国であらゆる災害が発生しています。

自分は大丈夫と思わずに、台風3号に備えましょう。