今津英敏氏 経歴

レバノンに逃亡していたカルロスゴーンさんが記者会見を行いましたね!

この記者会見の中で自分を日産から追い出した人ととして今津英敏氏((元監査役・日産副社長)を挙げていましたが、一体今津英敏氏とはどういう人物なのでしょうか?

今回は今津英敏氏(元監査役・日産副社長)の経歴・学歴、顔画像も調査してみました!


レバノンでカルロスゴーン氏が記者会見

こちらがレバノンで行われたカルロスゴーン氏の記者会見の様子です。

逃亡が成功して上機嫌なのか、それとも容疑者として逮捕されていたことが怒り心頭なのかとても熱がこもった会見でした。

この会見の中で自分を日産から追い出した人物として

  • 西川広人前社長
  • ハリ・ナダ専務執行役員
  • 豊田正和社外取締役
  • 川口均前副社長
  • 今津英敏元監査役

の5人の名前を発表しました。

カルロスゴーン氏が日産の会長であった時は考えられないほどの金額のお金をもらっていたので、どうしても今回の記者会見で発表したかったのでしょう。

躊躇なく5人の名前を発表していました。


ただカルロスゴーン氏自身の疑惑についての潔白の証明をすると思っていたのですが、それについては何一つ言わなかったのは残念でしたね。

これでは有罪になるのを防ぐためにカルロスゴーン氏が逃亡したとみられてもしかたがありません。


今津英敏氏(元監査役・日産副社長)の顔画像・写真

今回のカルロスゴーン氏の記者会見で今津英敏氏(元監査役・日産副社長)という名前を初めて聞いたのですが、どのような顔なのか気になったので調べてみるとTwitterで見つけました!

この画像でいうと一番右側にうつっているのが今津英敏氏(元監査役・日産副社長)です。

さすが日産の上部まで登り詰めた人とあって凛とした顔つきですね。

今津英敏氏(元監査役・日産副社長)の肩書を見なくても、偉い人・裕福な人というのが画像(写真)から読み取れます。

私も今津英敏氏(元監査役・日産副社長)ように年をとれたらいいですね(笑)。


今津英敏氏(元監査役・日産副社長)の経歴プロフィール

  • 名前:今津英敏
  • 生年月日:1949年(昭和24年)5月15日
  • 年齢:70歳
  • 職業:日産自動車株式会社副社長

今津英敏氏(元監査役・日産副社長)は現在70歳で日産自動車株式会社副社長です。

1972年に日産自動車に入社後

1998年生産技術本部車体技術部長

1999年英国日産自動車製造会社出向管理職

2002年日産自動車常務

2006年常務執行役員を経て、

2007年に副社長に就任しています。


今津英敏氏の経歴を見てみると日産一筋であることがわかります。

また今津英敏氏が淡々と出世していくところと見ていると、周りの人達と比べて抜きん出て能力が高かったことがわかります。

副社長のイスなんて相当限れた場所なのに、とても素晴らしいですね。


そして他にも

  • 愛知機械工業株式会社取締役会長
  • 一般社団法人日本自動車工業会理事
  • 日本インダストリアル・エンジニアリング協会副会長

を務めていることからわかるように、日産の中だけでなく業界内でも重鎮であることがわかります。

ここまで登り詰めるには相当な努力、苦労をされていると思いますが、私も見習わなければと感じました。

今津英敏氏の学歴【高校・大学】

そして今津英敏氏の学歴についてですが、大学は九州工業大学工学部機械工学科を卒業しています。

九州工業大学工学部の偏差値は55~58なのでそこまでめちゃくちゃ賢いというわけではありません。

ただ今津英敏氏は日産の副社長まで務めているので、コミュニケーションや提案力など社会人として働いてから力を発揮したのではないでしょうか?


東大生が実は社会では使えないとも言われえることもあるので、出世するには頭の良さ以外にも求められるものあるということですね。

まとめ

今回は今津英敏氏(元監査役・日産副社長)の経歴・学歴、顔画像・写真も調査してみました!

カルロスゴーン氏を追い出した人として今津英敏氏が注目されていますが、カルロスゴーン氏の疑惑を見ていると日産を守るためにやったのではと考えてしまいます。

カルロスゴーン氏は逃亡しているため裁判は進まないと思いますが、きちんと悪いことは悪いことを自覚しきちんと判決を受けてほしいですね!