宮古島 核燃料棒 本物

18日に沖縄県の宮古島でウランペレット(核燃料棒)と書かれた物体が見つかったことが話題になっています!

このニュースに

となんで核燃料みたいな危険なものが宮古島にあるの?というツイートがたくさんみられました。


もし本物の核燃料だったら放射線がでてくるので危険ですよね…。

そこで今回は宮古島の核燃料棒は本物なのか、危険性と誰が何のために?いたずらの可能性についても調査してみました!


宮古島の核燃料棒は本物?危険性は

早速ですが宮古島の核燃料は本物なのでしょうか、また危険性はあるのでしょうか?

宮古島の核燃料棒についてネットニュースを見てみると

宮古島 核燃料棒

この宮古島で見つかった核燃料棒からは異常な放射線量は検出されなかったということでした。

なのでひとまず危険性もないようなのでよかったですね!

更新情報!
宮古島で見つかった核燃料棒について新たな情報が入りました!

どうやら過去に資源エネルギー庁がエネルギー教育用機材キットとして教育機関などに配っていたもののようです。

これなら確かに放射線は検出されないですよね(笑)。


宮古島の核燃料棒は誰が何のために?いたずらだった?

今回の宮古島の核燃料棒が見つかった件で自衛隊までも出動した騒動となりましたが、誰が何のためにやったのでしょうか?

現在のところこの核燃料棒は本物の可能性が低いのでいたずらだったのではという疑惑が多いですね…。

今回これほど大騒動になっていて非常に世間を騒がしているので、もしこれがただのいたずらならやめてほしいですね。


まとめ

今回は宮古島の核燃料棒は本物?危険性と誰が何のために?いたずらの可能性についても調査してみました。

宮古島で見つかった核燃料棒は本物の可能性が低そうですが、ある意味では本物でなくて良かったという思いもあります。

ただごくまれに本当に危険なものが見つかることもあるので、日頃から気を付けないといけないですね!