新宿区高田馬場でパトカーがビルに突っ込んだのはなぜ?事故原因と運転手は誰なのか調査!

東京・新宿区高田馬場の早稲田通りで、パトロール中の視庁戸塚警察署のパトカーがガードパイプと接触した後、近くのビルに突っ込みました。

SNSでは

パトカーがビルに突っ込んだ事故でびっくりした、怪我人がいなくてよかったというツイートが多くみられました。

しかし事故画像を見る限りそこまで見通しが悪そうではないのですが、なぜ警視庁のパトカーがビルに突っ込んだのでしょうか?

今回は事故原因と運転手(運転していた人)は誰なのか調査してみました。

新宿区高田馬場でパトカーがビルに突っ込んだのはなぜ?事故の原因とは

それでは一体なぜ新宿区高田馬場でパトカーがビルに突っ込んだのか事故の原因を調べてみました。

このパトカーがビルに突っ込んだというニュースをいくつか調べてみたのですが、なぜ事故が起きたのかという原因を報道しているものはありませんでした。

そこで、このブログ独自で>新宿区高田馬場でパトカーがビルに突っ込んだ理由を予想したいと思います。

ブレーキとアクセルを間違えた

真っ先に思いつくのは、やはりブレーキとアクセルの踏み間違いですね。

ブレーキとアクセルの踏み間違えでコンビやスーパーに突っ込むのは日常茶飯事で起きています。

残念ながらこのような事故で亡くなられてしまう人がでてしまうこともありました。

パトカーには自動ブレーキはなさそうなので、このようなブレーキとアクセルの踏み間違えで事故が起きてしまう可能性は否定できません。

猫、犬の飛び出しを避けようとした

次に考えられるのが猫、犬などの動物がパトカーの前に飛び出してきて、それを避けようとしてビルに突っ込んでしまったのではないかということです。

パトカーがビルに突っ込んだ事故が起きたのが朝でした。

なので生ごみを漁っていた猫や犬が道路に飛び出したとしても不思議ではありません。

新宿区高田馬場でパトカーがビルに突っ込み事故の運転手は誰?

今回の新宿区高田馬場でパトカーがビルに突っ込み事故を引き起こした運転手は一体誰なのでしょうか?

残念ながら各ニュースを確認しましたが、運転手の名前は公表されていませんでした。

そこで、事故を起こした警視庁戸塚警察署の公式サイトを確認してみると

パトカー ビル 突っ込み

こちらにも運転手についての情報はありませんでした。

なので引き続きパトカーのビル突っ込み事故の運転手は誰なのかについては情報を集めていきたいと思います。

まとめ

今回は新宿区高田馬場でパトカーがビルに突っ込んだのはなぜ?事故原因と運転手は誰なのか調査してみました。

高齢者の人も車の運転を気を付けてほしいと思いますが、取り締まる側の警察も運転を気を付けてほしいですね。