乃木坂46のメンバーである中村麗乃さんが、18日放送の「らじらー!サンデー」(NHKラジオ)で不適切・差別発言をしてしまったことを謝罪しています。

らじらー 乃木坂

このブログにはファンからのコメントを投稿することができるます。

いつも300件ぐらいなのが今回はのこの記事には500件以上の投稿があり、多くのファンの方が心配しているようです。

乃木坂46といえばAKBのライバルとして結成されたグループで、私としては清楚で上品なイメージがありました。

今回中村麗乃さんはらじらー(NHKラジオ)で一体どのような不適切・差別内容を発言してしまったのでしょうか?




中村麗乃のらじらーでの不適切・差別発言の内容

中村麗乃さんがらじらー(NHKラジオ)での不適切・差別発言をしてしまったのは、投稿者が設定した役柄をアドリブで演じるコーナーでの出来事です。



投稿者の設定では

  • 長女星野みなみ(乃木坂46)
  • 長男藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
  • 次女中村麗乃(乃木坂46)
  • 女手一つで育てた母の中田敦彦(オリエンタルラジオ)

設定で

今日は星野みなみがついにお嫁に行く日。

その時、母の中田敦彦は…という場面を演じることとなりました。



実際の会話の内容は

星野「パパー泣かないで」
(設定を間違えている様子)

中田「ママよ。ビジュアルはパパみたいでごめんなさいね。」

星野「泣いているから冗談で笑わせようと思って。」

中田「そうなの。本当にもうこの子はこんなに冗談をいえるほど大きくなって。」

星野「今までありがとう、ママ」

藤森「姉ちゃんもよかったよな。あんなに立派な人に嫁にもらわれてさ。」

星野「そうだね。」

中田「でも心配よ。」

藤森「何が心配なんだよ。」

中田「だって。まだ相手の人の詳しいこと聞かされてないもの」

藤森「だから、彼は自分でね。会社を起こして大成功した人なんだよ。」

星野「そうだよ。」

中田「何をやっている人なの?」

星野「なんかこう。パソコンとか、農家とか、全部やっているのよ。」

中田「手広すぎる、怖い。パソコンと農家を同時にやっているの?」

星野「天才なのよ」

藤森「麗乃は会ったことあるよな。」

中村「あっ、ある。」

中田「なんか会ったことがあるって言っていたわね。ちょっと教えて。どういう人なの。」

中村「えー。髪の毛が生えてて、」

中田「ちょっと待って。怖い。最初の情報がそれは危ない」

藤森「母ちゃん。髪はないより、あったほうがいいに決まってるだろう」

中田「最初の情報がそれな人は危ない」

藤森「あるんだよ。それで。それで。」

中村「髪の毛が生えてて。ちゃんと手も指5本ずつあって。足もあって。立派に立っている人。」




中田「情報がアバウトね。みなみ。どうゆう人なのよ。」

星野「そうね。やっぱ服を着てて、髪の毛もすごい、逆にロン毛。だから孫も安心よ。」

藤森「前の部分だけ髪があって。そこがすごいロン毛なんだよな」

星野「そうなの。」

中田「怖いわ。ちょっとトリッキーすぎない。」

藤森「頭もなんか。すごいいいんだろ」

星野「そう。そこに惹かれて。」

中田「なに?学歴が高かったりするの?」

星野「海外とか飛び回っているらいしよ。」

中田「海外を飛び回っているの。アバウト~」

藤森「すっごい商売を思いついたんだよな。」

星野「そうなの。」

中田「えっなに。」

藤森「なんかあれだろ。使っている人がクリックするだけで旦那さんの所にお金が入ってくるんだろ。」

星野「そうそう。」

中田「なんか違法なにおいがしてきた。」

藤森「西麻布で会ったんだもんな。」

星野「歩いていたら声かけられて」

中田「歩いていたら声かけられて?」

星野「そう。」

中田「でいつ出会ったの?ちなみに」

星野「1ヵ月ぐらい前」

中田「最近の話?」

藤森「だから母ちゃん。笑顔で送り出してあげてよ。」

星野「ありがとう。ママ。」

中田「まぼろし~」

中村麗乃のらじらーでの不適切・差別発言に対して世間の人の感想

今回の中村麗乃さんの不適切・差別発言をうけて、ファンの方や周りに人はどのように感じたのでしょうか?

最初に紹介した中村麗乃さんの個人ブログでは

感想

こちらに投稿している人はやはり中村麗乃さんのファンの方が多い子もあって、これから頑張ろうなどの前向きなコメントが多数みられます。


しかしツイッターでは

などやはり今回の中村麗乃さんらじらーでの発言は、不適切・差別的で大いに反省してほしいというものが多かったです。

まとめ

今回は乃木坂46の中村麗乃のらじらー(NHKラジオ)での不適切・差別発言と内容全文についてまとめてみました。

ラジオの場合はテレビ番組のように編集することができないので、不適切・差別発言は全て聞いている人に伝わってしまいます。

今回のような不適切・差別発言を繰り返さないように中村麗乃さんには気を付けて頂きたいですね。




コメントをどうぞ

CAPTCHA