ソフトバンクに通信障害が起きて、スマホが圏外になる人が続出しています。

昔にもソフトバンクはよく通信障害が起きて圏外になることが多かったですが、ここまで大規模に圏外になるのは久しぶりですね。

今回ソフトバンクで通信障害が起きて圏外になってしまった原因は何なのでしょうか、復旧時期はいつなのかについても調査しました。

またこれほどの大規模な通信障害によって大きな損害がでたところもあるでしょう。

なのでソフトバンクから何かお詫び、返金による補償があるのかも調査しました。







ソフトバンクが通信障害(圏外)になった原因

ソフトバンクの通信障害によって圏外になった人が続出していますが、その原因は何なのでしょうか?

原因を探るためにまずはソフトバンクの公式ホームページを確認してみました。

ソフトバンク 圏外

ソフトバンクも通信障害(圏外)になっていることを把握しているようですが、まだ原因はつかめていないようです。

なのでこのブログ独自で通信障害(圏外)になった原因を予想してみました。

ソフトバンクが通信障害(圏外)になった原因①自然災害

今までの通信障害(圏外)の原因で一番多いのが自然災害です。

地震や津波、落雷などによって電波をとばす基地局が影響を受けると、通信障害(圏外)になる可能性があります。

ただ今日は全国的に天気はあまりよくはありませんが、大きな地震や津波、落雷などの自然災害は発生していません。

なので今回のソフトバンクの通信障害(圏外)は自然災害が原因ではないでしょう。

ソフトバンクが通信障害(圏外)になった原因②PayPay

ソフトバンクはQRコード決済サービスであるPayPayを提供しています。

そしてこのPayPayを普及させるために12月4日から100億円還元というキャンペーンを開始しました。

キャンペーン内容はPayPayで支払った料金の20%をポイントで還元するという内容です。

この魅力的なキャンペーンのせいでPayPayによる決済は殺到し、一時サーバーがダウンし決済ができない状況になりました。

このキャンペーンはまだ行っているので、本日12月6日においてもPayPayの決済はたくさん行われたことでしょう。

ソフトバンクの通信網とPayPayの決済通信網が全く同じではないと思いますが、何らかの影響を受けた可能性はあると思います。



現時点ではソフトバンクから今回の通信障害(圏外)の原因についてアナウンスがないので、何か情報が入り次第更新していきます。



更新情報

ソフバン 通信障害

ソフトバンクが公開の通信障害(圏外)について情報を更新しました。

現時点ではまだ調査中で、原因はわかっていないようですね。





新たにソフトバンクで通信障害(圏外)に対するアナウンスがありました!

ソフトバンク 原因

この文章によると、原因は交換設備の不具合と書いてあります。

交換設備とはどういったものなのか詳しくは書いてありません。

電波をとばす基地局にあるものなのでしょうか。

また詳細が分かり次第、更新していきます。







ソフトバンクの通信障害(圏外)の復旧はいつ

ソフトバンクの通信障害(圏外)の原因はまだわかっていませんが、一体いつになったら復旧するのでしょうか?

残念ながら復旧時期についての情報はまだありません。


なので過去のソフトバンクの通信障害(圏外)の復旧時期を調べてみました。

ソフトバンク 復旧時期


こちらは台風による通信障害(圏外)が起きた時のことです。


この時は

2018年9月29日(土) 午後0時30分頃に通信障害(圏外)が発生し、

2018年10月10日(水) 午後4時55分に完全復旧しました。


こちらは自然災害による物理的な通信障害(圏外)だったので、復旧には1週間以上かかっています。

今回の通信障害(圏外)の原因は恐らく自然災害によるものではないので、ここまでは復旧に時間がかからないと思います。

また何か復旧について情報が入りましたらここでお伝えします。




更新情報
ソフトバンクから今回の通信障害(圏外)についてアナウンスがありました。

ソフトバンク 原因

これによると

2018年12月6日(木)午後6時4分

に通信障害(圏外)が解消したようです。

次の日まで使えないのかとひやひやしましたが、復旧してよかったですね。







ソフトバンクの通信障害(圏外)でお詫び・返金の可能性

今日は平日で多くの方が仕事をしていると思うので、ソフトバンクの通信障害(圏外)による影響は計り知れません。

また仕事ではなくても普段からスマホで連絡を取り合っている人は、非常に困っていることは間違いありません。


そのため世間では今回のソフトバンクの通信障害(圏外)に対して、お詫び・返金補償はないのかと感じている方がいます。

ここまで大きな影響があった今回のソフトバンクの通信障害(圏外)ですが、何かお詫び・返金はあるのでしょうか?



残念ながらこちらについてもまだ何も情報はありません。

引き続き情報がないか調査していきたいと思います。



更新情報

ソフトバンクの4G通信サービス契約約款に何らかの損害が起きた場合についてきの規定がかいてある文章を見つけました。

ソフトバンク 返金補償

この文章によると

4G通信サービス等が全く利用できない状態(電気通信設備による全ての通信に著しい支障が生じ、全く利用できない状態)にあることと当社が認知した時刻から起算して24時間以上その状態が連続したときに限り、当該契約者の損害を賠償します。

この文章から24時時間全く利用できない状態が続いた場合は、その損害を賠償すると書いてありますね。

先ほどのソフトバンクの通信障害(圏外)についてのアナウンスでは発生日時を

2018年12月6日(木)午後1時39分ごろ

としていましたので

2018年12月7日(金)午後1時39分以降も通信障害(圏外)が続いている場合は返金の可能性がでてきます。


それでは返金となった場合、一体いくらくらい返金で補償されるのでしょうか?

続きの文章を読んでいくと

4G通信サービス等が全く利用できない状態にあることを当社が認知した時刻以後のその状態が連続した時間(24時間の倍数である部分に限ります。)について24時間ごとに日数を計算し、その日数にタイ会おうした当該の4G通信サービス等に係る次の料金の合計額を発生した損害とみなし、その額に限って賠償します。
(1)料金等の適用のうち、基本使用料として規定する料金。
(2)料金等の適用のうち、通信料として規定する料金

と書いてあります。

少し難しい文章で書いてありますが、通信障害(圏外)で使えなかった日数にあたる料金を返金すると読み取れます。

つまりソフトバンクの月額料金が4500円で、使えなかった日数が1日であれば

4500÷30=150

よって150円だけ返金されるということだと思います。


スマホが生活に与える影響は非常に大きいため、この程度の返金では納得いかない人が多いと思います。

まだ正式なお詫び、返金補償は決まってはいませんが、過度な期待はしないほうがいいみたいですね。



2018年12月6日(木)午後6時4分に通信障害(圏外)が復旧したと公式のアナウンスがありました。

通信障害(圏外)の発生日時から24時間以内なので、何らかのお詫び・返金が行われる可能性は低くなりました。

ただ事の重大さをソフトバンクの孫社長が感じ、何らかのお詫びを行うこともあると思うので、しばらく様子をみていきたいと思います。

まとめ

今回はソフトバンクの通信障害(圏外)でお詫び・返金はあるのか、原因・復旧時期はいつなのか調査してみました。

現在ではネットを使ったスマホは生活必需品となっています。

今後このような通信障害(圏外)が起きないようにソフトバンクには気を付けてもらいたいと思います。







コメントをどうぞ

CAPTCHA