和歌山 鉄パイプ 落下事故

和歌山市のビルの屋上から落下した鉄パイプが男性にあたり、亡くなってしまうという事故がおきました。

このニュースに

となんて悲惨な事故なんだというツイートがたくさんみられました。

また今回の落下事故が起きる数日前にも鉄パイプを落としていたことがわかっています。

同じことを繰り返すとは…。

一体今回パイプ落下事故を起こしたゼネコン業者(会社)はどこなのでしょうか?名前と賠償金について調べてみました!


和歌山鉄パイプ落下事故を起こしたゼネコン業者(会社)はどこ?名前は?

早速ですが、和歌山の鉄パイプ落下事故を起こしたゼネコン業者(会社)はどこなのでしょうか?

何か情報がないか鉄パイプ落下事故がおきた酒直の公式サイトを見てみると

和歌山 鉄パイプ 落下事故

特に今回のパイプ落下事故についての情報はありませんでした。

他にもネットニュースなどを探してみましたが、現時点ではどこのゼネコン業者(会社)が鉄パイプの落下事故を起こしたのかという情報はありませんでした。


ただ屋上に新しい看板を設置する工事が終わった後の足場の解体で鉄パイプが落下したということなので、看板の設置・補修業者であることは間違いなさそうです。

引き続き和歌山鉄パイプ落下事故を起こしたゼネコン業者(会社)については情報を集めていきたいと思います。


和歌山鉄パイプ落下事故の賠償金

今回のパイプ落下事故によって男性が1人亡くなってしまったのですが、遺族に対する賠償金はどのくらいになるのでしょうか?

現在は事故現場の検証を行っているので、賠償金についての情報はありません。

ただ

  • 亡くなってしまった男性がまだ26歳
  • 職業が銀行員
  • 非が全面的に山鉄パイプ落下事故を起こしたゼネコン業者(会社)

であることを考えると億を超える賠償金が提示される可能性があります。

ただこれはあくまでもこのブログ独自予想なので、引き続き和歌山鉄パイプ落下事故の賠償金については調べていきたいと思います。


まとめ

今回は和歌山鉄パイプ落下事故を起こしたゼネコン業者(会社)はどこ?名前と賠償金について調査してみました。

この和歌山鉄パイプ落下事故は安全対策を怠って起きてしまった明らかな人災なので、本当に反省してもらいたいと思います。