YouTube利用規約(2019年12月10日)はどこが変更・改定になった?子供に厳しい?

YouTubeの規約が2019年12月10日から変更・改定されますね!

ただどのようにYouTube利用規約(2019年12月10日)が変わるのか今までの規約と見比べるのは大変ですよね。

そこで、YouTube利用規約(2019年12月10日)でどこが変更・改定したのか内容を確認してみました。


YouTube利用規約(2019年12月10日)はどこが変更・改定

それではYouTube利用規約(2019年12月10日)はどのように変更・改定されたのか見ていきましょう。

年齢制限(13歳未満は親の許可が必要)

YouTubeを見るのに年齢制限がかかることになりました。

YouTubeを見るのには13歳以上である必要があります。

ただ13歳未満であってもや保護者によって有効化されていればYouTubeを見ることができます。

最近は動画を見て危険な行為をまねする子供いるので、この年齢制限は必要かもしれませんね。

ただ

小さな子供をターゲットにしていたユーチューバーは視聴者数が減ってしまうかもしれません。

親や保護者による有効化がどの程度難しいのかによってもここは変わりそうです。

サービス提供者がGoogle LLCへ変更

YouTubeのサービスの提供者がGoogle LLCになります。

サービス提供者がGoogle LLCになることで、サービス内容は何かかわるのでしょうか?

詳しくは2019年12月10日以降にならないと分からないですね。

こちらのツイートにあるように、何らかの問題が起きた時対応が遅くなるかもしれません。

視聴者に金銭、インセンティブを与えて視聴回数、高評価を稼ぐのを禁止

視聴者さんんみてもらうために、プレステやニンテンドースイッチをあげる企画やGooglePlay、iTunesコードをプレゼントする企画は結構ありましたよね。

そのような企画は今後できなくなりそうです。

本当にプレゼントしていたかも怪しいし、動画の本質から離れているのでこの規約は理にかなっていると思います。


まとめ

今回はYouTube利用規約(2019年12月10日)はどこが変更・改定になったのかまとめてみました。

2019年12月10日のYouTubeの利用規約変更・改定でより健全なYouTubeと変わるといいですね。

他にも変更・改定点があったら追加で更新していきます。